アイコン

下記は一般的な解説になります。症状は人によって違いますので、
少しでも気になった方は早めの受診をおすすめします。

埋伏智歯抜歯・親知らずの抜歯埋伏智歯抜歯・親知らずの抜歯

埋伏智歯抜歯・親知らずの抜歯

埋伏智歯とは歯茎や骨に埋まっている歯のことです。また、歯の一部分だけ歯茎から出ている歯で完全に生えていないものも埋伏智歯の1つです。つまり、埋まったままの親知らずです。病院口腔外科に紹介するのは30%程度で、オーク歯科で処置可能なケースが殆どです。埋伏智歯の抜歯はオーク歯科にご相談下さい!

歯根端切断処置歯根のう胞摘出処置歯根端切断処置・歯根のう胞摘出処置

歯根端切断処置・歯根のう胞摘出処置(虫歯のせいで根にうみがたまった状態)

むし歯(う蝕)が深く進行し、それが慢性化すると歯根嚢胞ができます。抜歯と同時に歯根嚢胞を取り除いたり(歯根のう胞摘出)、歯の横から嚢胞だけを取り除く(歯根端(シコンタン)切除)ことが出来る場合もあります。嚢胞摘出はオーク歯科にご相談ください!

補綴前処置補綴前処置

補綴前処置(大きなかぶせ物をする前に)

歪んで横に生えた歯や、噛み合う歯がなく伸びてしまった歯を抜かずに再び噛み合わせに戻す。歯を抜かないで何とか利用する咬合再構成はオーク歯科のドクターたち全員が共通して得意としています。それにより抜歯を回避できた例がたくさんありますので、他院で抜歯と言われた歪んだ歯も諦めずに一度、オーク歯科にご相談ください!

口唇小帯異常口唇小帯異常

口唇小帯異常(前歯のすきっ歯の原因)

上唇小帯異常とは、前歯と前歯の間にある小帯、いわゆるヒダのことで小さいお子さんには比較的、よくみられる症状ですので心配はいりません。その後、大きくなるににつれて徐々に細く短くなったり、転んだり、ぶつけたりした時に切れてそのまま正常な位置に治ってしまうという事がほとんどです。大きくなってもそのまま“ひだ”が大きいまま残る場合には、上の前歯に隙間が出来る原因になります。
そこに食べカスがたまりやすくなり歯茎が腫れる等の原因になります。 小学校中・高学年までには治療を完了しておくときれいな歯並びへの悪影響を防ぐことができます。

顎関節症治療顎関節症治療

顎関節症治療(あごが鳴る、痛い)

一般的にはスプリント(マウスピース)による治療を行います。 これは上顎あるいは下顎の歯列に被せるプラスチックの装置です。 これを夜間睡眠中に使用することで、夜間の無意識かみこみで生じる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。 痛みが強い時期には鎮痛薬も投与する場合もあります。

口内炎治療口内炎治療

口内炎治療(口の中の白い点)

口内炎は歯が原因の場合とそうでない場合があります。抗生剤配合の軟膏や硝酸銀を使って治すこともあります。口内炎は放っておかず、一度オーク歯科にご相談ください!

外傷外傷

外傷(ケガによる出血なども)

ぶつけてしまった歯、折れてしまった歯、抜けてしまった歯は、損傷を受けてから数時間以内であれば良好に保存できる可能性が高まります。唇から大量の出血が・・・にも対応できる場合があります。怪我をしたらすぐにお電話をください!無痛治療にて可能な限り対処いたします。

口唇粘液嚢胞口唇粘液嚢胞

口唇粘液嚢胞(口唇に水ぶくれのようなものができる)

唇に何かぷくっとした小さな袋ができる・・・よく同じところを噛んでしまう・・・これは粘液嚢胞という病気です。放っておくとどんどん大きくなり生活しづらくなる可能性があります。オーク歯科では粘液嚢胞の処置を積極的に行っています。気になる方は一度オーク歯科にご相談ください!